• 仙石幸一

こだわりをドリップするOkaffe Kyotoへ

暑いときこそ、多少汗してでも自ら涼を求めて街に出るべき!と 気合い満々に京都四条へ石幸一です。

そして、町中出て 後悔 が汗と一緒に大量に吐き出す(笑) え?! 36度超え


秒で避難。。。

そこで、

"Okaffe Kyoto " なる「ジャパンバリスタチャンピオンシップ2008-2009」優勝など数々の実績をもつ バリスタ 岡田章宏氏の お店へ。



お店のホームページなどを調べてみると、かなりお調子者の香り漂う方のお店だったので(笑) 店内では騒がず、目立たぬよう 息を潜めオーダー。



今回、注文したのが、トニックウォーターにコーヒーを注いだアイスドリンク、


珈琲トニック



お店によってはトニックウォーターにエスプレッソのショットを注いだ エスプレッソトニック という名前のメニューがあったりもするようやが、 コーヒーとトニックのタッグ。


正直、初体験ゆえに 不安と不安しかなかったのやがなんとも独特な酸味と爽快感の上に珈琲の香りをまとわせた 夏ならでは ドリンクにビックリ



また注文後に アルコール入ってたらばどうしようと、下戸な石幸一は少し不安になってたんやが そんな心配もなくノンアルコールで スッキリ。


また、この夏のイタリア旅行で出会った


カフェシェケラートも、メニューにありまして オーダー



うん、見た目バリバリ ビールやね。

イタリアで飲んだエスプレッソと種類が違うのか、こちらのお店は 本当に地ビールみたいな 明るい色してた。


イタリアのカフェシェケラートはコチラ


バリスタのこだわりを随所に感じられるお店。

このほかにも色々とメニューあったので 次回は夏が冷めた頃に立ち寄り、人見知り克服して お店の人ともゆっくり話してみたい(笑)


この後、別の意味でこだわり=クセの強い我が母親の喫茶店へ。 相変わらず、好き勝手に クセの強いパーマでお店してました。 元気そうで何より。


この暑さに負けても、ヘバらず適当に頑張ってほしいとです。


皆さんも 無理せず 休み休みで!





仙石幸一

各種イベントのMC、司会のご依頼宜しく御願い致します。


© 2019 by Frandy Corp.   当サイトの文章・画像などの無断転載はご遠慮ください。