• 仙石幸一

ヴェネツィアン・グラスの魅力

最終更新: 2019年7月31日



連日、みっちりのスケジュールに根をあげることなく ミラノから特急で2時間30分石幸一。


やって来たのは、水の都ヴェネツィア。


ヴェネ" チア "って言うとなんかもっさりするのはなんでだろ。

ヴェネツナマヨ って言うと おにぎり感が増し増しだけど。


さて、絶好調です。



映画スパイダーマンの舞台にもなったので、スパイダーマン推しのUSJみたいになってるかと思ったけど 意外にそんな事もなく 安定のピノキオでした。



ベタだけど、やっぱりゴンドラでぶらぶら回遊。 このベタな行動は全世界共通で まさかの水上渋滞(笑)


街中を爆走するF1モナコGPのように、この街中を爆走するボートレースヴェネツィアなんて競艇開催されたら盛り上がるだろな。


また、ヴェネツィアといえば ヴェネツィアンガラスも有名。


騒がしいカラーパンツで街中をウロつく


" 色オバケ "


扱いされたMCはやはり こういう高級品でなくとも派手で、見ようによっては安っぽくもある色使いにも惹かれまくり。






そして、このエスプレッソカップに惚れたっーーーーっ



買うーーーーっ


と思ったが、我が家にはエスプレッソマシンがないことに気がつき

無の表情



.Italoに揺られ、帰ミラノ。 ← ミラノに"行く"ではなく "帰る"って なんかこなれ感あるよね。一度 言ってみたかった。

無事、帰ラノ。





仙石幸一

各種イベントのMC、司会のご依頼宜しく御願い致します。

© 2019 by Frandy Corp.   当サイトの文章・画像などの無断転載はご遠慮ください。