• 仙石幸一

世界が変わるメガネ作り

季節は夏のセールなんですな。と、目を細めて見るお店のポスターで知る。

最近、眼鏡しててもなんとなくモノがボヤけて見える石幸一です。そろそろ、レンズ交換した方が賢明とメガネ屋さんへ。


簡単な問診の後、視力検査表の前に座る石幸一。


お馴染みの

“イチ部分に穴が開いていて、欠けた状態の黒い輪っか”を見ながら、


君の名は?と、、、前前前世してしまう。



「パックマン?」

「ビタミンC?」

「CCレモン?」

「CCB?」



まさかの大穴で

「 Romanti "c" が止まらない か?!」 とかとか、

輪っかの名前が止まらない状態で


気がつくと、視力検査は適当です の図。

※ 口は開いてますが、エサはやらないでください


ちなみに黒い輪っか”の名前は『ランドルト環(かん)』というそうな。 “世界共通の、視力の検査用の記号”で、フランスの眼科医のエドマンド・ランドルトさんの名前から付けられたとか。


なるほど!勉強なります!


その、ランドル…… なんとかのおかげで

正しい視力を知ってびっくり。 思ってた以上に視力衰えてたのです。


そりゃ、今までの甘々設定のレンズでは見えにくいはずだと 長年放置していた事を反省。



結局、持ち込んだ4本の眼鏡のレンズを全て交換してもらい 見える見える新しい景色に


見え過ぎ酔い…


新しいレンズに慣れるまでに時間かかりそうです。

皆さんも、用途に合わせたレンズ選びとフィッティングで見え過ぎる生活を。





仙石幸一

各種イベントのMC、司会のご依頼宜しく御願い致します。

© 2019 by Frandy Corp.   当サイトの文章・画像などの無断転載はご遠慮ください。