• 仙石幸一

新しい形の八ツ橋


隠し撮りされるのにも慣れてきましたが、今回は京都の定番のお土産 八つ橋。

聖護院八つ橋総本店の新しい形の八つ橋、カネール を紹介しました。

八ツ橋と言えば京都の超定番菓子ですが

たこ焼き愛する大阪人のたこパ感覚で、八ツパする文化は京都人にはありません。


そして、京都には八ツ橋にご飯に味噌汁の 八ツ橋定食もございません。悪しからず。


そんな八ツ橋の歴史は古く、元禄二年、1689年。

お琴に似せた干菓子を「八ッ橋」と名付け、販売したのが最初だそうです。


そして、

聖護院八ツ橋総本店さんでは昔ながらの八ッ橋を現代風にアレンジした、商品もたくさんあるんですが、その中でも今日紹介するカネール 。

京都人でも

これが " 八ツ橋 "ですと言われてもピンとこないかもしれないです(笑)


八つ橋の新しい食感を追求して作られた商品で、生地をうすく薄く焼き上げた 八ッ橋を、一枚づつしっかりと、細く巻き込まれたスティック状の八ツ橋となっています。

パッケージにもしっかりと


" 新しい形 "


とアピール。


ちなみに商品の名前" カネール " はフランス語でシナモンの意味だそうで、そのシナモンの風味をそのままに、新しい形を表現されているのが この八つ橋 カネール です。

八ッ橋と同じシナモン味と、コーヒー味のカネール。 特に新しいテイストのコーヒーは渋み苦みがギュッと凝縮されているので大人な味を求めてる方にはピッタリかも。


また、

どちらも薄い生地をカリッと焼かれているので

結構しっかりとした歯ごたえで この食感が少量でも 食べたなぁと感じさせてくれます。


俺に隠し撮りされてるスタッフも美味しいとご満悦。

2種類買っても1000円程とお値段もリーズナブル。

新しい京都土産にどうでしょう。


気になった方は是非ぜひチェックしてみてください。




仙石幸一

各種イベントのMC、司会のご依頼宜しく御願い致します。


© 2019 by Frandy Corp.   当サイトの文章・画像などの無断転載はご遠慮ください。