• 仙石幸一

200%アップデート アラジン

最終更新: 2019年7月2日

楽しみにしていた人も多いんじゃないでしょうか?

特に今年は話題のディズニー映画の公開が続く1年でもあるので、

かさむであろチケット代以上のエンタメ体験を期待したくなる。


そして、ようやく実写版アラジンを劇場でチェック。


ディズニーアニメーション不朽の名作の実写版。

公開前からかなり話題になってましたねぇ。

ただ、正直なところ 人の悪い石幸一は どうせ期待し過ぎてガッカリするパターンなんでしょう。。。と思ってたんですが


そんな自分が恥ずかしい。。。その不安は最初の5分で吹き飛んだっ

冒頭からすんごいミュージカルシーンで一気にアラジンの世界へ

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』や『スナッチ』など個人的にはオシャレにアクションを見せる監督というイメージのあった、ガイ・リッチー監督が

見事なまでにミュージカルを、ロマンスを、素敵に見せてくれた。 予想外 (笑)


そして、アラジンの肝、ジーニー演じるウィル・スミスのハマり具合も半端なかった(笑)


コミカルな演技はもちろんのこと、

友情を考えさせてくれるシーンでのシリアスな表情など、彼の千両役者っぷりが遺憾なく発揮されてた。


また、芯のある強い女性 ジャスミンを

圧倒的な歌唱力で見せ付けてきた ナオミ・スコットにも感心……からの


惚れた


かつて『パワーレンジャー 』のピンクとして地球守ってくれてた彼女が、今回はお姫様してしまう。 時空飛び越える懐の深さです。

パワーレンジャー の話はまた別の機会にするとして


新作アラジンにて終盤

彼女が "speechless" という曲を熱唱するのやけど これがとにかくカッコいい!

滋賀の朝番組でお馴染み

滋賀のジーニーこと、成人病の精、MCモリヤ氏も大絶賛。

「再現度」に加えて、実写版ならでは新たな心憎い演出も随所に用意されてるし、

チケット代にポップコーン代プラスしても十分に元取れる満足感でした。


となると、夏公開の『ライオンキング』も期待してしまう。ハードルは上がっていくが、きっと超えてくるんだろうなぁ。ディズニー恐るべし。


そして

やっぱ好きやねん。 by やしきアラジン





仙石幸一

各種イベントのMC、司会のご依頼宜しく御願い致します。

© 2019 by Frandy Corp.   当サイトの文章・画像などの無断転載はご遠慮ください。